バイアグラのジェネリック購入伝授サイト

バイアグラはED治療薬ですが、バイアグラの特許は2013年5月に切れたため日本国内でもバイアグラのジェネリックが販売開始となりました。病院でもバイアグラのジェネリックを購入することができますが、ネット通販でも簡単に購入することができます。

バイアグラのジェネリック購入伝授サイト

バイアグラの特許切れについて

製薬会社が医薬品を作る際には多大なコストがかかるものですが、これはファイザー社によって開発されたバイアグラでも同じです。
アメリカのファイザー社は1990年代にシルデナフィルの開発に資金を投入し、本来目的としていた用途とは違うもののED治療薬であるバイアグラとして実用化にこぎつけました。
製薬会社としてはコストを支払って開発をしているため完成した瞬間他社が同じものを作ってその利益を奪うことが出来ないように特許期間が設けられることとなっていますから、バイアグラも完成からしばらくは特許期間として他社が同等の薬を作ることは出来ないようになっていました。
しかしながらその物質特許は2013年5月17日満了され、また用途特許も2014年5月13日に満了を迎えました。
これによってバイアグラの有効成分であるシルデナフィルはどのようなメーカーであってもED治療薬の目的に使用することが出来るようになったのです。
そのため現在では、このシルデナフィルを用いたED治療薬が全世界で合法的に製造されるようになっています。
バイアグラのように世界で初めて特定の成分を使って実用化された医薬品は先発品と呼ばれ、その特許が切れてから製造されるようになる他社製の医薬品は後発品、ジェネリックと呼ばれるのですが、現在世界では数多くのバイアグラジェネリックが販売されるようになりました。
ジェネリックが出来たことのメリットはいくつかありますが、消費者にとって最も大きいのは安く購入できるということでしょう。
後発品として医薬品を製造販売するのであれば開発費にお金をかける必要が無いため、販売までのコストを格段に抑えることが出来ます。
安全試験なども当然クリアしたうえで販売されるうえに性能も同等のものとなっていますから、消費者にとってジェネリックは重要な選択肢になることでしょう。

バイアグラジェネリックの種類

バイアグラは、1998年にアメリカで誕生した世界初のED治療薬です。
日本でも翌年の1999年から発売が開始、これまでに多くの男性をサポートしてきました。
24時間に1錠まで、食前に服薬することで発現し、性行為の勃起を助けます。
現在、バイアグラには複数のジェネリック医薬品が存在しています。
ジェネリック医薬品とは、新薬の後発医薬品のことです。
新薬には特許があり、その期間内は開発製薬会社が独占して製造・販売できるようになっていますが、特許が切れた後は他の製薬会社が同じ成分と製法で新薬と同じ医薬品を製造・販売できます。
ここで誕生するのがジェネリック医薬品です。
以前はインドの製薬会社でしかバイアグラのジェネリック品は製造されていませんでした。
その当時はもちろん特許期間中だったのですが、インドでは他国と医薬品特許法が異なるため、インド国内のみでなら特許期間中のジェネリック品を製造・販売することが認められているのです。
そして日本でもインドから個人輸入する形でなら、インド製のバイアグラジェネリック品の購入が可能でした。
ただ、個人輸入にはリスクもあるため、特許が正式に切れて国内で製造されるのを多くの男性が待ち望んでいたのです。
バイアグラの医薬品特許における物質特許は2013年の5月、製法特許は2014年の5月に切れています。
よって現在は、国内でもバイアグラのジェネリック品が販売され始めました。
国内のバイアグラジェネリックは、東和薬品の「トーワ」、キッセイ薬品の「キッセイ」、陽進堂の「YD」、あすか製薬の「あすか」など10社以上から販売されています。
ちなみに、ジェネリック品は正規品と同じ主成分を使用していますが、異なる物質の配合もあるため効果には個人差があります。
また、併用禁忌薬なども各種存在するため、病院で診察を受けてから処方してもらうのが安心です。

バイアグラジェネリックの購入方法

若い男性は性欲が旺盛です。
一夜に避妊具一箱分を消費する濃厚なプレイが難なく進められます。
五回、六回の射精は当たり前、更に性行為が終わった後にマスターベイションでストレス解消する、そんな性欲旺盛な20代男性も世間には少なくないでしょう。
ただ、肉体は常に老化を始めており、そういった豪傑な振る舞いも30代から40代頃には姿を消します。
既に35、36歳頃からEDの前兆を意識する男性陣がいます。
いくら若い頃、元気だったとはいえ、老化と生活習慣によるEDはなかなか回避出来ません。
一度重度のEDになってしまうと、改善に多額の費用と時間を費やします。
出来れば前兆を感じ取った時点でバイアグラのお薬を飲む等、早め早めの改善に取り組みましょう。
しかし、バイアグラは有名な治療薬なためか、費用が一般的なお薬よりも若干高めです。
購入する方法によって多少上下しますが、一粒の値段が1500円前後と、いわゆる風邪薬や胃薬等と比較すれば、なかなかの高級品になります。
そのため最近では本家バイアグラではなく、そのジェネリック医薬品を個人輸入代行サイトから取り寄せる人々が増えて来ました。
国内のドラッグストアでは見かけないバイアグラ系ジェネリック医薬品も、ネット上にあります個人輸入代行サイトを使えば、最小4粒、最大で40粒程の量が臨機応変に入手可能です。
日本人の肉体バランスを考えれば、小サイズの50mgのジェネリック医薬品でも十分な勃起支援が得られます。
ジェネリック医薬品なら一粒あたりの値段が300円から500円と、とんでもない安さになります。
個人輸入代行サイトは通販サイト同様に、Eメールとクレジットカードさえあれば誰でも使えるお得なサービスです。

■持続率の高いED治療薬
勃起の持続力を上げる薬
■世界でも人気のED治療薬
通販でもレビトラは購入できる
■地域別にあるオススメのED治療ができる病院
ED治療 愛知